こなあんな♂

アラ還介護士の日常。

わたし陸上競技部でした。

今週のお題「わたし○○部でした」。

神奈川大学ですが一応がらにもなく体育会系。

 

陸上を選んだのは当時マラソン瀬古利彦選手が活躍していた頃。

ジョギングブームもあって長距離を専門としてました。

記録的には全然でしたが身体は十分鍛えられたし太りにくい体質も形成できたと思ってます。

 

神奈川大と言えば箱根駅伝でおなじみですが、私の頃は箱根なんて夢のまた夢。

そもそも長距離が10人もいない。私の記録が10人集まっても予選突破出来ないのだから暗黒時代と言っていいでしょう。

先輩OBからも「神大、昔は何度も箱根にでてたのに、今はなんだ!」と理不尽な説教。

(昭和50年以前に数回箱根に出場しています)。

私の代が卒業してからは急成長!総合優勝もしたしすっかり箱根の常連となったはずですが。。。

 

先月の予選会、神奈川大は13年ぶりに出場を逃すという悲劇に。また黒い歴史が始まるのでは?

と少々嫌な予感のする部活の思い出、となりました。